電子書籍と紙の本、どちらの方がいいのか?それぞれのメリットとデメリットをご紹介

カテゴリー

みなさんこんにちは。

最近は電子書籍で本を読んでる人が増えてきました。

Kindle Unlimitedで月額1000円も払えば電子書籍で本が読み放題になるサービスも出始め、もう電子書籍が当たり前になってきました。

しかしながらいまだに紙の本の方もとても需要があります。

本屋さんに入ってみるとわかるように、結構な人たちが本を見にきています。

そこで今回は電子書籍と紙の本どちらの方がいいのかをご紹介していきます。

電子書籍VS紙の本どちらがいいのか!?

電子書籍、紙の本どちらも長所短所あって本を探すときにどちらにするべきか悩む人がいると思います。

先に電子書籍か紙の本どちらがよりいいのかについて結論を言うと、両方どちらともいいです!

もっと細かく言うとその本を買う人によって向き不向きがあるのです。

ですので今回はそれぞれのメリットとデメリットをご紹介し、さらにどちらの方があなたに向いてるのかをお伝えしたいと思います。

少し個人的感想が含まれますが1つの意見として参考にしてください。

電子書籍のメリット

まず最初に電子書籍のメリットはこのようになると思います。

  • 持ち運びが楽
  • 読み放題サービスが使える
  • 本の中で検索ができる
  • 文字の大きさを変えることができる
  • ネットで買ってすぐ読める
  • クーポンが使える

この内いくつかピックアップしてご紹介します。

持ち運びが楽

電子書籍の一番のメリットは持ち運びが簡単ということです。

紙の本はかさばりますが電子書籍なら一つの端末に容量の範囲内で何冊も入れることができます。

特に漫画なんかには効果的で、すぐ読み終えた後にそのまま同じ端末で次の巻を読むことができます。

そして軽いということもかなりの利点になります。

特に紙で分厚い本がとっても軽く持ち運ぶことができます。

持ち運ぶだけでなく、読むのにも苦痛がありませんのでとても楽に読書を楽しめます。

読み放題サービスが使える

冒頭に言ったように最近では月額990円を払えば本が読み放題になるサービスがあります。

それがKindle Unlimitedです。

このようなサービスは紙の本ではないので、本をたくさん読む人にとってはかなりいいサービスになります。

今後も紙の本はおそらく法律上、読み放題になるようなサブスクは現れないと思います。

これは電子書籍だけの特権でしょう。

文字の大きさを買えることができる

電子書籍は文字の大きさを自分好みにカスタマイズできます。

これは老眼の方にはとてもおすすめですね。

紙の本ではもちろん文字の大きさは変更できないので、目が悪い人にとっては電子書籍がとても便利になるのではないでしょうか?

電子書籍のデメリット

電子書籍のデメリットは以下の通りです。

  • 充電が必要
  • 目に良くない
  • 壊れる可能性がある
  • 古本屋に売ることができない

この内いくつかピックアップしてご紹介します。

充電が必要

電子書籍は電子機器ですのでもちろん充電が必要です。

そのため毎回充電するのは結構めんどくさいです。

もしスマホで本を読んでいる人も、そこまでバッテリーは電子書籍で減りませんがいつも気にしないといけないのはネックです。

そしてKindleなどを使っている人は、追加の充電スペースが必要となるので充電が必要な機器が多い中また増えるのは少し不便かもしれません。

目に良くない

電子書籍は目に良くないので睡眠前などに読むのは、すでにいろんな専門家がやめた方がいいと指摘しています。

最近ではブラックモードがあり、通常に比べ少し目に優しい色合いになりましたがそれでも目への負担は消えていません。

ブルーライトカットメガネとかあるとかなり目の負担を和らげるのでおすすめですね。

おすすめのブルーライトカットメガネはこちら!

壊れる可能性がある

電子機器なので故障ということが懸念されます。

紙の本なら買い換えればいいですが、電子書籍のKindleとかは買い換えるとなると結構な値段がしますよね。

そのお金で何冊も本が買えるほどにもなります。

丁寧に扱っていても機械なので寿命があります。

そのため数年を使うと買い換える必要が出てきます。

紙の本のメリット

紙の本のメリットは次のようになるでしょう。

  • 立ち読みができる
  • 本を売ったり中古の本を買える
  • すぐに特定のページに戻れる
  • 目に優しい
  • 人に貸すことができる
  • 残りのページ数を把握しやすい
  • 本の香りを楽しむことができる
  • 書き込みができる

この内いくつかピックアップしてご紹介します。

立ち読みができる

紙の本は本屋さんに行くと立ち読みすることができます。

電子書籍もサンプルがありますが、最初の方しか読むことができません。

紙の本は読みたいところを自由に読めます。(立ち読みは推奨はしていません)

立ち読みの1番のメリットは本当にその本が面白いのかを事前にチェックすることができます。

そのため読みたい内容と違ったなどが起きることはありません。

自分に合った本を選ぶことができるのです。

すぐ特定のページに戻れる

紙の本は、読んでいて「あれ、あそこの内容なんて書いてあったかな」と思ったときにすぐそのページに戻ることができます。

ピッタリそのページに戻れなくでもパラパラしていればすぐ見つけることができます。

そのため何度も読み返すのに向いています。

参考書や解説書は特に戻る場合が多いと思うので、紙の方がすぐに戻れるため便利ですね。

本の香りを楽しむことができる

これは僕が紙の本が好きな1番の理由でして、少し気味悪いかもしれませんが本の香りを楽しむことができます。

本は個人的にも読むこと以外も魅力的なところがあると思っていて、それが本の香りです。

特に新品の本なんかいい香りで、自分に対して「今、本を読んでいるんだ」と実感することができます。

紙の本のデメリット

紙の本のデメリットはこのようになります。

  • 水気に弱い
  • カバンの中に入れとくとクシャクシャになる
  • 本が増えるとかさばって置き所に困る
  • 何冊も持ち運ぶのが大変

この内いくつかピックアップしてご紹介します。

カバンの中に入れとくとクシャクシャになる

本は結構痛みやすいです。

そのため移動中に本を読もうと思ってカバンに入れとくと、傷んでしまうことが多いです。

せっかくの新品の本が痛むと結構悲しくなります。

そのため紙の本を持ち歩く人はブックカバーやブックケースなどを用意するといいでしょう。

本が増えるとかさばって置き所に困る

本の最大のデメリットは置き所に困ることです。

本が大好きな人にとって1番の悩みどころです。

本を買えば買うほど置き場所に困るので、本棚を買ったり専用の部屋を作らないといけません。

本はジャンルによりますが分厚いものは5センチもするものがあるので、本を置くスペースを準備する必要があります。

100均で本立てを買うか、ブックシェルなどをAmazonで買うといいと思います。

おすすめの本棚、収納棚はこちらから

何冊も持ち運ぶのが大変

本は1冊ならまだいいですが、何冊も持ち歩くと結構重くて持ち運びにくいです。

そして外出先で読む時でも、片手でなかなか読みにくい本もあります。

特に漫画はおそらく一度に何冊も読みたい人が多いと思いますので、持ち運ぶのはとても大変です。

電子書籍の方が向いている人

ではここからは電子書籍に向いている人をご紹介します。

電子書籍の方が向いている人は、たくさん本を読みたいまたは外出先で読みたい人です。

やはり電子書籍の方が持ち運びのメリットがとても大きいので、たくさん本を読みたい人にはかなり向いていると思います。

特に漫画が好きな人は電子書籍の方が向いているかと思います。

そして外出先で気軽に読みたい人も電子書籍です。

通勤時や時間に余裕が出たときに片手でスッと読むことができるので電子書籍がおすすめでしょう。

紙の本の方が向いている人

では次に紙の本が向いている人をご紹介します。

紙の本が向いている人は、本をじっくり楽しみたい、読書を楽しみたい人です。

やはり電子書籍より紙の本が頭に直接入りやすく、読んでいる実感がとても強いため1つの本をじっくり読みたい人におすすめです。

特に読書という行為を楽しみたい人は、本の方が圧倒的におすすめです。

新たなジャンル、聞く本を試してみませんか?

今回は電子書籍VS紙の本ですが、最近はオーディオブックという聞く読書が流行っています。

通勤時や移動時にわざわざ本を開いたり電子書籍を開く必要がなく、本を楽しむことができます。

そのため、ながら作業をするときに一番おすすめです。

料理をしながらや家事をしながら本を聞くことができるので、同時進行でかなりの量の本を楽しむことができるでしょう。

今なら30日間無料でオーディオブックを体験できるのでぜひ試してみることをおすすめします。

本当にこの利便性はすごいと驚くと思います。

登録はぜひ下の画像からどうぞ!

まとめ

今回は電子書籍と紙の本どちらの方がいいのかについてご紹介しました。

それぞれとても魅力的な点が多いので一概にどちらがいいのかは言えません。

しかしながらみなさんそれぞれに合った方があると思うので、ぜひご自身の読書スタイルに合ったものを選んで読書を楽しんでください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました